TN-M19 モデムテスタ(新製品)

TN-M19はTN-M15の後継機となっており、TN-M15の使用感や機能を残した上で新機能を追加したモデムテスタです。
データモデムの受信レベルやビットエラーなどの各種測定と発振機能を有しており、データモデムの製造検査や回線との障害切り分け、伝送品質、トラブル原因等を迅速に把握することが出来ます。

特徴

  • 7インチの大画面タッチパネルカラー液晶による簡単操作。
  • ビットエラーテスト、FOXテスト、レベル測定、周波数測定、遅延時間測定、歪み測定等のモデムの検査、評価に必要な各種測定が可能です。
  • 外部USBメモリに通信回線の信号波形を録音することができます。
  • 新機能 : CD信号やCS信号、外部信号の変化をトリガーにして前後1分間の音声データを録音することができます。(トリガ録音機能)
  • 新機能 : 内蔵のバンドパスフィルタを通すことによって回線に多重化された信号(V.22やFSK等)の各チャンネルレベルを測定できます。(選択レベル測定)
  • 新機能 : モデムに対してATコマンドを送信することができます。(ITM機能)
  • 新機能 : 調歩同期におけるハードウェアフロー制御対応。(ビットエラー試験時)

仕様概要

DTE インタフェース ・ITU-T 勧告 V.24/V.28 準拠
・ITU T 勧告 X.21/V.11 準拠
同期方式 調歩同期、非同期、同期、系統同期
最大データ信号速度 ・RS232C/V.24設定時 : 128.0kbps
・X.20/X.21設定時 : 512.0kbps
送信符号 Z, A, 1:1, 1:3, 3:1, 1:4, 4:1, 1:7, 7:1, PN9, PN11, PN15, PN17, PN20, FOX パターン, ITM コマンド
発振器 ・発振波形 : 正弦波
・周波数 : 0.20kHz ~ 9.99kHz
・レベル : -20.0 ~+5.0dBm
レベル測定 ・入力インピーダンス : 600 Ω± 10%, HIGH(10kΩ以上)
・測定信号 : 正弦波
・周波数 : 0.2kHz ~ 10kHz
・測定範囲 : - 60.0 ~ 10.0dBm
周波数測定 ・測定信号 : ST1, ST2, RT, TC, RC, レベル測定信号
・測定範囲(レベル測定信号) : 0.200kHz~9.999kHz
・測定範囲(ST1,ST2,RT) : 0.000kHz~9.999kHz, 10.00kHz~99.99kHz, 100.0kHz~999.9kHz
音声録音 ・録音モード : 通常録音、トリガー録音
・サンプリング周波数 : 24kHz
・チャンネル : CH1、CH2
・録音フォーマット : WAVEファイル
・録音レベル範囲 : +10dBm以下
選択レベル測定 V.21(CH1, CH2)
V.22, V.22bis(Low, High)
FSK600bps(CH1~CH7)
FSK200bps(CH1~CH6)
FSK50bps(CH1~CH18)
インテリジェント モデムコマンド (ITM) ・送信可能データ(ASCIIコード) : 0x20 0x7E, 0x0D(CR), 0x0A(LF)
・コマンド登録テーブル数 : 9 (各コマンド最大24キャラクタ)
・データフォーマット : 調歩同期式(ST-SP)